不動産を現金化する方法とは?売却期間や売却後も住み続ける方法を解説!

2023-08-22

不動産を現金化する方法とは?売却期間や売却後も住み続ける方法を解説!

この記事のハイライト
●不動産を即現金化する方法には仲介・買取・リースバック・リバースモーゲージがある
●買取であれば、最短3日〜1週間程度でまとまった資金を得られる
●自宅を売却したあとも同じ家に住み続けたい方にはリースバックがおすすめ

急にまとまった資金が必要になり、不動産を現金化したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
不動産を現金化するにもさまざまな方法があるため、ご自身に適したものを選択することが大切です。
そこで今回は、不動産を現金化する方法と現金化するまでの期間などを解説します。
静岡市駿河区を中心に葵区、清水区、焼津市、藤枝市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を現金化する方法とは

不動産を現金化する方法とは

不動産を現金化すると聞くと、仲介による売却を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
しかし、不動産を現金化する方法は、仲介による売却だけではありません。
ここでは、不動産を現金化する方法とそのメリット・デメリットを解説します。

仲介による売却

不動産を現金化する方法としてもっとも一般的なのが、仲介による不動産売却です。
仲介とは、不動産会社に家の売却を依頼して、買主を探す方法をいいます。
市場価格に近い金額で売却できる点がメリットで、場合によっては相場以上の金額で売れることもあります。
一方でデメリットは、買主を探すまでに時間がかかることです。
不動産売却にかかる期間は3〜6か月が目安といわれていますが、不動産によっては1年以上かかることもあります。
そのため、急いで現金化したい方にはあまりおすすめできません。

リースバック

リースバックとは、自宅を売却したあとに賃貸借契約を締結し、同じ家にそのまま住み続けられるサービスです。
早期に家を現金化できるうえ、生活環境を変えなくて済むというメリットがあります。
引っ越し作業が不要なので、近隣に売却したことを周囲に知られにくい点もメリットの1つです。
デメリットとしては、売却価格が相場よりも3割程度安くなることが挙げられます。
また、売却後は自宅を賃貸物件として借りることになるため、毎月家賃を支払わなければなりません。
リースバックの家賃は買取額によって決まり、周辺の相場よりも割高になることもデメリットといえます。

リバースモーゲージ

リバースモーゲージは、自宅を担保にした融資制度の一種です。
自宅を担保に金融機関から生活資金を借り入れし、自宅にそのまま住み続けながら毎月利息のみを支払います。
元本部分に関しては、契約者が死亡したあとに担保となっていた自宅を売却し、そのお金で返済するシステムです。
早く現金を得られる点がメリットですが、利用できる不動産が限られていたり、金利が変動するリスクなどがあります。

不動産会社による買取

買取とは、不動産会社が直接物件を買い取ることです。
仲介のように、個人の買主に向けた売却活動をしなくて済むため、すぐに現金化できるというメリットがあります。
はじめから売却相手が決まっているので、売れ残る心配もありません。
ただし、不動産を市場で売却するよりも買取価格が低くなってしまう点に注意が必要です。
不動産会社は、買い取った不動産にリフォームなどを施し、資産価値を高めてから再販することを目的としています。
リフォームにかかる金額なども考慮したうえで買取価格を決めるため、市場で売買する価格より低くなってしまうのです。
目安として、買取価格は市場相場の7割程度になると考えておきましょう。

▼この記事も読まれています
収益物件の売却における査定の種類とは?査定時の注意点も解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産を現金化するまでにかかる期間は?

不動産を現金化するまでにかかる期間は?

ここまで不動産を現金化する方法について解説してきましたが、即現金化したい場合は買取がおすすめです。
ここからは、買取を依頼して現金を受け取るまでに必要な期間と流れを解説します。

最短3日〜1週間程度で現金化が可能

物件を不動産会社が買い取る場合、最短3日〜1週間程度で現金化できます。
不動産会社によって売却完了までの期間に差があるため、査定の段階で確認しておくのがおすすめです。
また手続きをスムーズに進められるよう、必要書類も事前に確認しておくと良いでしょう。

買取の流れ

不動産会社に買取を依頼すると、以下のような流れで手続きが進みます。

  • 買取の相談・依頼をする
  • 不動産の査定をおこなう
  • 買取価格を提示する
  • 売買契約を締結する
  • 決済および物件の引き渡し

まずは不動産会社に買取の相談をし、その後査定に進みます。
査定を終えたら不動産会社が買取価格を提示するため、その金額に納得できたら売買契約を結びましょう。
売買契約締結時には、身分証明書や印鑑証明書、権利書などが必要となります。
手続きをスムーズに進めるためにも、必要書類に関しては事前に確認しておくことが大切です。
売買契約の締結が済んだら、決済および物件の引き渡しをおこない、手続きは完了となります。

▼この記事も読まれています
マンション売却における固定資産税の精算とは?注意点も解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産を現金化したあとも住み続ける方法とは

不動産を現金化したあとも住み続ける方法とは

不動産を現金化すると、自宅を手放すことになるため引っ越しが必要です。
しかしリースバックを利用すれば、不動産を現金化したあとも、そのまま住み続けることができます。
最後に、リースバックの仕組みと注意点について確認しておきましょう。

リースバックの仕組み

リースバックは、不動産を活用した資金調達方法の1つです。
まず不動産会社に自宅を売却し、売却代金を得ます。
その後、同じ不動産会社と賃貸借契約を結び、毎月家賃を支払うことで自宅に継続して住めるという仕組みです。
リースバックで得られるお金は売却代金であり、金融機関からの借入金ではありません。
そのためお金の使い道に制限がなく、事業資金やローンの返済、子どもの進学費用など幅広い用途で活用できます。
また引っ越しが必要ないため、生活環境を変えずに生活できる点もメリットの1つです。
とくに子どもにとっては、住み慣れた家から引っ越すだけなく、学校まで変わるとなると大きなストレスになってしまいます。
リースバックであれば、売却後も同じ環境で生活できるため、子どもの精神的なストレスを軽減できるでしょう。

契約によって買い戻しが可能

リースバックの契約によっては、1度売却した自宅を将来買い戻すことができます。
物件を買い戻す方法としては「買い戻し(売買予約)」と「買い戻し特約」の2種類があります。
買い戻し(売買予約)は、売主と不動産会社との間で、再売買の予約をするという方法です。
一方で買い戻し特約は、売主が代金額および契約の費用を買主に支払うことにより、売買契約を解除できる制度です。
買い戻し特約の場合は、売買契約を結ぶと同時に契約しなければならない点に注意しましょう。
将来買い戻しを予定している場合は、契約を結ぶ段階で不動産会社に相談することをおすすめします。

買取金額と家賃の関係

リースバックで自宅を売却したあとは、毎月家賃を支払う必要があります。
ここで注意したいのが、リースバックの家賃は相場よりも高くなりやすいことです。
一般的な賃貸物件は周辺の家賃相場なども考慮して金額を設定しますが、リースバックは買取金額によって決まります。
買取金額が高くなればなるほど家賃も高く、反対に買取価格が低いほど家賃も安くなる仕組みです。
そのため、不動産によっては周辺の家賃相場よりも大幅に高くなる可能性もあります。
家賃の滞納が続くと将来買い戻しができなくなるうえ、強制退去を命じられるリスクもあります。
リースバックを検討する際は、無理なく家賃を支払い続けられるかどうか、入念にシミュレーションすることが大切です。

▼この記事も読まれています
市街化調整区域にある不動産は買取がおすすめ!理由や売却のコツとは?

まとめ

もっとも一般的なのは仲介による不動産売却ですが、時間がかかるため即現金化したい方には向いていません。
すぐにまとまった資金が欲しい場合は買取、引っ越しをしたくない場合はリースバックなど、状況に応じた方法を選ぶことが大切です。
静岡市の不動産売却なら「U2JAPAN株式会社」へ。
静岡市だけではなく、焼津市・藤枝市と幅広い地域でのご提案が可能です。
経験豊富なスタッフが多数在籍しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

054-266-3500

営業時間
9:30~18:30
定休日
火曜日・水曜日

売却査定

お問い合わせ