居住中の家を高く売るコツは?内覧前にやっておくべき準備を解説

2024-04-23

居住中の家を高く売るコツは?内覧前にやっておくべき準備を解説

この記事のハイライト
●居住中の家を高く売るためには片付けをおこない魅力的な空間にすることがポイント
●内覧の数時間前から換気をおこないすべての窓とともにクローゼットや押入れの扉もすべて開放しておく
●内覧時はすべての部屋の照明器具を点灯し間接照明を使って魅力的な室内を演出するのもおすすめ

不動産の売却を成功させるためのコツは、早く高く売ることです。
内覧時の印象が悪いと成約に至らない可能性があるため、事前の準備が重要と言えます。
とくに居住中の場合は、空き家の状態と比べてマイナスの印象を与えやすくなるので注意が必要です。
今回は静岡市駿河区を中心に葵区、清水区、焼津市、藤枝市で居住中の家の売却をお考えの方に向け、高く売るためのコツを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

居住中の家を高く売るコツ1:片付けをしておく

居住中の家を高く売るコツ1:片付けをしておく

居住中の家を隆右売るコツとしてまず挙げられるのが、片付けをしておくことです。
居住中の家を早く高く売るためのコツは、内覧にあると言っても過言ではありません。
家は「商品」となるため、片付けをおこない魅力的に魅せる工夫が必要です。

片付けのコツ1:荷物を減らす

まず1つ目のコツは、荷物を減らすことです。
荷物が多いと、どうしても生活感が出やすくなってしまいます。
生活感は、購入検討者の購入意欲を減退させる理由の1つです。
居住中のため致し方ない部分はありますが、可能な限り片付けをおこない、生活感が出ないようにします。
たとえば、部屋が狭く見えてしまうと、それだけでマイナスの印象を与えかねません。
洋服やバッグ、本などの荷物が出しっぱなしになっている場合、収納スペースにすべて片付けておきます。
収納スペースに入りきらないものは、この機会に断捨離するのもおすすめです。
荷物がなければその分部屋が広く見え、良い印象を与えられるでしょう。
すっきりと片付けられた家は、丁寧に暮らしていることをアピールでき、内覧者に安心感を与えることができます。

片付けのコツ2:シーズンアイテムはトランクルームを活用する

片付けのコツとして、シーズンアイテムはトランクルームを活用することも挙げられます。
たとえば、クリスマスツリーやストーブ、五月人形などは、場所を取るため収納スペースに入りきらないこともあります。
買主が見つかるまではトランクルームに預け、家を広々とした空間にすれば、好印象を持ってもらえるかもしれません。
費用がかかりますが、高く売るための必要コストだと思い、ぜひ活用を検討なさってください。

片付けのコツ3:庭やベランダの手入れをおこなっておく

居住中の家における片付けのコツとして、庭やベランダの手入れをおこなっておくことも挙げられます。
雑草を除去したり樹木の剪定をおこなったり、掃き掃除や排水溝の掃除をするのがポイントです。
内覧者のなかには、ガーデニングや家庭菜園を希望する方がいるかもしれません。
雑草が伸び放題になっていると「丁寧に暮らしていない…」と思われ、候補から外されてしまう恐れもあります。
綺麗な庭にしておけば、内覧者の印象が良くなり、購入意欲も高まるでしょう。

▼この記事も読まれています
収益物件の売却における査定の種類とは?査定時の注意点も解説

\お気軽にご相談ください!/

居住中の家を高く売るコツ2:換気をおこなっておく

居住中の家を高く売るコツ2:換気をおこなっておく

続いて、居住中の家を高く売るためには、換気をおこなっておくことも大切です。
最低でも内覧の1時間前からは換気をおこない、空気の入れ替えをおこないましょう。

換気のコツ1:住人が気づきにくいにおいを軽減する

居住中の場合、空き家の状態と比べて生活臭が出やすくなります。
生活臭は、その家に住んでいる方にはわかりにくいものです。
玄関を入ってすぐに生活臭を感じてしまった場合、マイナスの印象を与えかねません。
そのため、十分な換気をおこない、生活臭を軽減させることが大切です。

換気のコツ2:ペットやタバコのにおいに注意する

ペットを飼育していたり喫煙者がいたりする場合、換気だけでは不十分なことがあります。
ペットやタバコのにおいは、カーペットやカーテン、ソファーなどに染みついてしまうからです。
高く売るためには、専用の消臭剤を使ったり、においが気になる布製品は処分したり買い換えを検討するのも良いでしょう。

換気のコツ3:収納スペースも扉を開けておく

換気のコツとして、収納スペースの扉も開けておくことも挙げられます。
クローゼットやパントリー、シューズクロークや押入れは、意外と湿気やにおいがこもっているものです。
内覧時にもチェックされる場所なので、扉を開放し、空気を入れ替えておきましょう。

換気のコツ4:すべての開口部を開放する

換気をおこなう際は、すべての窓やドアを開けておくことがポイントです。
対角線上に窓を開けると、効率よく換気をおこなえます。

換気のコツ5:玄関は換気とともに消臭剤を使用する

内覧者を迎え入れる玄関は、換気だけでなく消臭剤の使用がおすすめです。
靴のにおいがこもりやすくなり、家に入ってすぐ嫌なにおいを感じる可能性があります。
悪い印象を与えないためにも、玄関の換気やにおい対策はとくに重要です。

▼この記事も読まれています
マンション売却における固定資産税の精算とは?注意点も解説!

\お気軽にご相談ください!/

居住中の家を高く売るためのコツ3:照明器具は点けておく

居住中の家を高く売るためのコツ3:照明器具は点けておく

最後に、居住中の家を高く売るためのコツの1つ、照明器具の重要性について解説します。
家を早く高く売るためには、内覧の第一印象を良くすることがポイントです。
一般的には暗い部屋より、明るい部屋のほうが良い印象を与えられます。
そのため、内覧時はシャッターやカーテンを開けるだけでなく、照明器具を点け、電球切れの場合は交換しておくことが重要です。
ライティングの効果で魅力的な室内を演出することができます。

照明器具を点ける際のコツ1:すべての部屋を明るくしておく

照明器具を点ける際のコツとしてまず挙げられるのが、すべての部屋を明るくしておくことです。
リビングや寝室だけでなく、キッチンや客間、浴室や子ども部屋などの照明器具をすべて点灯しておきます。
内覧では、すべての部屋を見られるのが一般的です。
照明器具を点けている部屋から点けていない部屋に移動したときに、暗い印象を与えてしまうかもしれません。
「どの部屋でも明るい!」というイメージを持ってもらうためには、どの部屋も照明器具を活用すべきと言えるでしょう。
日当たりの良い家なら、カーテンを開けるだけでも十分な採光を得ることが可能です。
照明を点けておけば、より明るくなり、第一印象がグッと良くなります。

照明器具を点ける際のコツ2:温かみのある電球に換える

ライティング効果によって内覧者の購入意欲を高めたい場合は、温かみのある電球に換えるのも方法の1つです。
照明の色は、印象を大きく左右することもあります。
そのため、居住中の家が寒色系の電球を使用している場合、暖色系の電球に換えるとより印象が良くなります。
モデルルームでは、間接照明を用いて空間を演出しているケースも多いです。
間接照明とは、光を天井や壁などに当て、その反射光で間接的に照らす照明方法を指します。
少しでも高く売るためには、照明器具によって室内をおしゃれにすると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
市街化調整区域にある不動産は買取がおすすめ!理由や売却のコツとは?

まとめ

居住中の家を高く売るためのコツは、片付けや不用品の処分、庭の手入れなどをおこない魅力的な空間にすることです。
また、内覧の数時間前から換気をおこない、窓やドアだけでなくクローゼットや押入れの扉もすべて開放しておくようにしましょう。
内覧時はすべての部屋の照明器具を点灯し、室内を明るくしておくことも、高く売るためのコツの1つです。
静岡市の不動産売却ならU2JAPAN株式会社へ。
静岡市だけではなく、焼津市・藤枝市と幅広い地域でのご提案が可能です。
経験豊富なスタッフが多数在籍しておりますので、お気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

054-266-3500

営業時間
9:30~18:30
定休日
火曜日・水曜日

売却査定

お問い合わせ