咲きました!

2023-07-14


去年全滅したグラキリス達ですが、懲りずに今年も挑戦した結果・・・・
咲きました!!
まだまだ小さいですが、元気よく咲いてくれました。
咲いた後のケアも大変なので、これからも大事に見守っていきます!!

【家を安く買う方法⑤希望の条件を緩和する】

物件探しにおいて、こだわり条件が多いほど、予算を超過しやすくなります。

そのため、譲れる条件や譲れない条件を整理し、妥協可能な条件から見直すことをおすすめします。具体的には、自分にとって重要な条件を明確にし、必要性や優先順位を考慮して整理することが大切です。また、譲れる条件については、妥協できる範囲を考えることで、予算オーバーを防ぐことができます。このように、こだわり条件を整理することで、無理なく理想の物件を見つけることができます。

おすすめとしては、まず必ず譲れない最低限の条件の物件を見つけ、その相場感を把握、その後に、優先度が高い条件を足していく相場を測っていく方法です。そうすることで、「このぐらいの設備ならこのくらいの費用がかかるから、妥協しよう」等、後悔せずに家を選ぶことができます。




【家を安く買う方法②売れ残り物件を買う】

売れ残っている物件を購入することで、より低価格での物件取得が可能となります。

不動産会社にとっても、物件が長期間売れ残ってしまうと、固定資産税などのランニングコストが膨大になります。そのため、早期に物件を売却するために、販売価格が安くなる場合があります。このような背景から、売れ残り物件を探すことも購入の選択肢の一つとして考えられます。ただし売れ残ってしまう理由は物件ごとに異なるので、買い手がつかない理由を十分に確認し、慎重に判断することが必要です。

 



【家を安く買う方法③中古物件を買う】

中古物件を選ぶことで、購入価格を安くすることができます。

中古物件には、様々な条件が存在しますが、10年前に建てられた物件と新築の注文住宅を比較すると、1,000万円程度の価格差が生じることもあります。また近年、中古物件の需要は増加傾向にあります。自分の予算に合う中古物件を探すことで、価格を抑えることができます。自分の希望の条件の物件があれば選択肢に入れるのがおすすめです。



 

【家を安く買う方法④金利が安いときに買う】

住宅購入時に、多くの人が住宅ローンを利用します。

住宅ローンの金利は、社会情勢などにより変動するため、金利が低い時期に物件を購入することを検討しましょう。金利が1%異なるだけでも、総支払い額に数百万円もの差が生じる場合があります。金利が低ければ、支払利息を抑えることができるため、ローンのシミュレーションを行い、自分の資産状況に合った計画を立てることが大切です。適切な金利と支払いプランを選ぶことで、将来的な負担を軽減することができます。

 



【家を安く買う方法⑤希望の条件を緩和する】

物件探しにおいて、こだわり条件が多いほど、予算を超過しやすくなります。

そのため、譲れる条件や譲れない条件を整理し、妥協可能な条件から見直すことをおすすめします。具体的には、自分にとって重要な条件を明確にし、必要性や優先順位を考慮して整理することが大切です。また、譲れる条件については、妥協できる範囲を考えることで、予算オーバーを防ぐことができます。このように、こだわり条件を整理することで、無理なく理想の物件を見つけることができます。

おすすめとしては、まず必ず譲れない最低限の条件の物件を見つけ、その相場感を把握、その後に、優先度が高い条件を足していく相場を測っていく方法です。そうすることで、「このぐらいの設備ならこのくらいの費用がかかるから、妥協しよう」等、後悔せずに家を選ぶことができます。



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

054-266-3500

営業時間
9:30~18:30
定休日
火曜日・水曜日

小泉隆一の画像

小泉隆一

部署:第一営業部

明るく、楽しく、誠実にがモットーです!

小泉隆一が書いた記事

売却査定

お問い合わせ